国からお金を借りるには

市区町村窓口で行なっている融資に、「生活福祉資金貸付制度」があります。
母体は社会福祉協議会で、厳密な国の機関ではありませんが、窓口は市町村役場で大丈夫です。
実質的に、公的で、安全・安心な貸付業務といえます。

国からお金を借りる際には、簡単にお金が借りられるか、利子はどのぐらいか、といった疑問が一番に出てきます。
生活福祉資金貸付金は、市町村ごとに違いはありますが、審査に一種間から二週間ほどかかります。お役所仕事だなぁ、と感じられるかもしれませんが、世間一般の「消費者金融」の謳い文句と比較するから長くかかると思いがちなだけで、正統な手続きを踏んでいるのですから一概に時間がかかるものでもありません。
ですから、生活が困難だと感じたら、悩み過ぎない前に相談をするだけでも良いでしょう。

元本に対する利子は、なし~1.5%です。
保証人の有無や、貸付制度の四つの種類(項目)によっても異なります。
生活福祉資金貸付制度の適用は、
「低所得世帯(市長村民税を免除・かかっていない世帯)」
「高齢者世帯」
「障害者世帯」
の三種類に対してです。
そして、一般生活に関係してくる四つの項目は、
「総合支援」
「福祉」
「教育支援」
「不動産担保型支援」
となっています。
自分がどの支援に適用されるかもしっかりと相談しましょう。
生活の具体的に何が苦しいのか、によって支援も変わってくるということです。

また、金額は消費者金融で「500万円まで可能」のような高額ではありません。
数十万円ですが、生活の建て直しが可能と判断されて支援を受けますから、生活再生はもちろん、返済もしっかりと考えていきたいですね。

キャッシングの情報を比較して知識をつけよう

キャッシングにはさまざまな知識が必要になります。
情報を得ることと同時に比較もしなければなりません。
何を比較するべきなのかその情報を得る、それが大切になります。

お金を借りることを真剣に考えなくてはなりません。
現状お金を何とか都合をつけなければならないと模索している段階でしょう。
確かにお金を借り入れることによってそのピンチは救われるはずです。
ところがお金を借りることが最初の目的ではあるものの、そのあとには返済が待っています。
目的は完済に変わることになります。
実はキャッシングでお金を借りることは難しいことではありません。
むしろサラリーマンとして働き、基本給のある給与形態であればこれまでの債務にトラブルがないのであれば審査に通らないことはないでしょう。

しかし返済となればその期間は実際には数回程度だったとしても長く感じるものです。
借りたお金はその時には手元にはないでしょう。
ないものを返済する、それが心理的に狼狽することであることはご存知のはずです。
返済は簡単ではありません。
どのような返済をしていくことがベストなのか考えていかなくてはなりません。

消費者金融も銀行も公式ホームページが用意されています。
キャッシングに必要な知識をつけて公式ホームページを確認してみましょう。
比較することができるようになっているはずです。
現段階では何を比較すればよいのかも明確ではないでしょう、知識をつけていきましょう。

最近のコメント